2017年1月19日木曜日

全てのハードウェアの発注をかけましたので後は部品の到着を待つばかり。その間ソフトウェアチームは全力でアプリケーションの開発を進めています。ここまで納期が遅れてしまったお詫びとして初期ロット専用の機能をいくつか盛り込む予定です。
現在メインに取り組んでいるのは今後多くのシーンで使われるであろう「AutoDJ」の機能強化です。音楽を自動でミックスする機能はすでにあるのですが、これまでは指定したディレクトリの中のファイルだけを再生するという仕様でした。 今回の機能強化により ・指定したフォルダのみ(従来仕様) ・一階層上を含む ・二階層上を含む ・指定したドライブ全域 ・全ファイル の指定ができるようになります。これによりアルバム毎、アーティスト毎、全ランダムといった再生方法が可能になります。また曲と曲を繋ぐ際のエフェクトも従来のクロスフェードに加え、バックスピン、ブレイク、ループ、ディレイなど多彩なテクニックを実装しました。より自然な全自動ミックスができるよう発送ギリギリまで磨きを掛けて行きます。
各部品の納期情報が次々と集まってきています。次回のレポートで具体的な発送開始時期をご案内できると思います。お待たせしてスミマセン!

2017年1月10日火曜日

テスト環境の構築

2017年1月3日、GODJ Plusの全ハードウェアの設計が完了致しました。今後は各々の工場から構成部品の出荷を待ち、全部品が揃った時点で組立開始→検品→梱包→お届けという流れになります。

その間の我々の主な業務は徹底したテスト環境づくりになります。不良の検出に手間がかかる電子部品については専用の試験冶具を製作し、できる限り早い工程で不良品を弾くよう設計しました。その冶具の写真がこちらになります。とにかく不良率の低い製品を目指します。



実はこの冶具、電子回路のチェックを行う以外にも重要な機能を持っています。それは時計の誤差補正機能です。GODJ Plusの基盤上には時計が実装されているのですが、通常こういった基板に乗せる時計はあまり精度がよくないため、そのまま出荷すると1ヶ月でかなりの誤差が出てしまいます。この誤差をテストの段階で計測し実用レベルに補正する機能がこの冶具に盛り込まれているのです。

さてこの時計機能の目的はなんでしょうか?それはGODJ Plusを指定した時間に起動させるタイマー機能の実現です。このタイマー機能によりお気に入りの音楽を毎朝の目覚まし時計の代わりとして使う事ができるようになります。声優さんのモーニングコールなんかも面白いですね。もしかすると天気や季節に合わせてGODJ Plusが選曲をしてくれるようになるかも知れません。

そのため時計の精度向上は欠かせなかったのです。

2016年12月30日金曜日

全ハードウェアチェック完了

メモリテストは全てPASS。これでGODJ Plusの全ハードウェアの検証が完了致しました。12月29日に回路データを基盤製作会社に提出。1月4日から基盤製作スタートとなります。ただこの時期日本の年末年始と中国の旧正月があり部品の供給体制や製造ラインに影響が出るとの事。心配は尽きません…。

年内にお届けできず大変心苦しく思っております。来年も引き続き進捗報告を続けて参りますので宜しくお願い致します。





2016年12月23日金曜日

昨夜から量産に向けたメモリテストを行っています。最終試作基盤でメモリエラーが頻発する事が判明し今週はその原因究明に追われていました。非常に根の深い問題で解析が難航したのですが、メモリに繋がっているクロックラインの抵抗値とコンデンサ容量がリファレンス回路と異なっており、その影響でクロックラインにノイズが乗っているのが原因であると結論付けました。



問題の抵抗とコンデンサを手作業で交換し動作検証を実施、さらにこの連休を使って自動テストプログラムを走らせ続けています。連休明けにメモリエラーが発生していなければ回路検証完了。いよいよ量産GOです。いい結果が出ますように!

2016年12月14日水曜日

本日ついに量産基盤が上がって参りました

本日ついに量産基盤が上がって参りました。この基盤で全機能のチェックが終わりましたらいよいよ量産スタートとなります。また先日報告しましたスピーカーコネクタの付け間違い問題ですが、石巻の工場から修正版第一号が到着しました。完璧な仕上がりに涙が出ます。最大の難所を越えました。今後検査治具を作り全2000台の修正に入ります。

すでに年末に差し掛かっておりますが、こうして問題をひとつひとつクリアしていくとなるとやはり年を越してしまいそうです…。申し訳ございません。



さて、GODJ Plusの発売を待ちわびている弊社営業部隊によるイベントが来週都内で開催されます。その名も「GODJ Night」。12月20日(火)HUB池袋東口店ANNEXにて午後7時スタート。入場無料です。
http://rittor-music.jp/news/2016/12/58438?ch=sound

GODJによるDJパフォーマンス、GODJ体験コーナー、そしてGODJ Plusの実機展示も行います。メインDJは先日「しくじり先生」に登壇した元スノーボードハーフパイプ五輪代表のDJ成田童夢氏!アニソンの聖地池袋で熱いパフォーマンスを繰り広げます。
私も説明員として常駐しますのでお気軽にお声掛け下さいませ!

2016年12月1日木曜日

ここ一週間はこれと言って大きなトラブルは無く着々と駒を前に進めていました。製品完成に必要な全31項目62点の確認等々。



1枚目。センターパネルの光沢が想像以上に強く全体のデザインと合っていなかったため国内外の業者を探し周りマット調のものに変更しました。指紋が目立ちにくくなるというメリットもあります。10社以上に試作と見積もりを依頼したのですが値段と仕上がりに随分と開きがあるもんだなぁと。ちなみにこの部分は皆様がカスタマイズできるよう設計データを公開しようと考えています。



2枚目はGODJ-CとGODJ Plusを組み合わせた4トラック再生機。スピーカーもついて最強過ぎます。GODJ-Cのスタンドはオフィシャル品。GODJ Plusのスタンドはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/B010J9WBS0/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_Qpbqyb5Y0X4W4

相変わらずスケジュールとの闘いではありますが最高の製品をお届けしたいという一心で開発を進めています。引き続き宜しくお願い致します。

2016年11月21日月曜日

本日は良いニュースと悪いニュースがあります

まず悪いニュースから。スピーカーの内部配線がこちらからの指示通りに繋がっていない事が判明しました…。このスピーカーは高音質と低消費電力を両立するため通常の4倍の配線数になっているのですがそこの情報伝達でミスが出ました。回路変更による対策を試みたのですが配線密度が高い箇所だったため断念。製造元である中国のメーカーに送り返すとなると費用や日程に大きな影響が出ますし、同じような間違いが起きないという保証もないため絶望視しておりました所、石巻の工場長からコネクタ脱着による修正が可能というご回答を頂き奇跡的に救われました。コネクタ脱着と同時に日本人による全数検品ができるので、多少費用はかさむものの品質の追求という面ではプラスになるかと思います。



一方で良いニュース。先週都内のスタジオにてスピーカーの音質調整を行いました。小型スピーカーとして大変有名な「某」スピーカーと比較を行いながら周波数特性を細かくチューニングしました所、音質及び音量の両面で十分勝負できる仕上がりとなりました。音響エンジニアの方からも絶対大丈夫!とのお墨付きを頂きましたのでこれで自信を持ってお届けできます。



他、ハードケース、外箱、保証書などは全て順調に進んでおります。



さて今後のスケジュールですが、本日11月21日を起点としまして
■第1ロット(基板製造7日、部品実装3日)、輸送(3日)、最終受入検査(3日)
■量産ロット(基板製造14日、部品実装3日)、輸送(3日)、組立開始、梱包、発送
となっており、現状ですと年内ギリギリというスケジュールです。

なかなか予定通り進まず大変申し訳ございません!
もう少々お時間を頂ければと思います!